対応できる症例かどうかを調べる

マウスピース

歯科治療は日々進化していますが、最近は装置が目立たず、より快適な治療ができる矯正治療も注目されています。東京では、最新の治療を導入する歯科医院が増えていますが、矯正治療ではインビザラインシステムを導入する歯科医院も増えてきました。東京では、優れた技術力を持つ歯科医院が多く存在しますが、安心して治療をスタートさせるためにも、まずはインビザラインに対応している歯科医院を見つけておきましょう。治療は長期間続けることになりますので、通いやすい場所にあるかどうかも調べておきます。インビザラインは優れた治療ですが、度の症例にも対応できるわけではありません。比較的軽い症例に向いているとされている治療ですので、まずは診察や精密検査で対応できる症例であるかどうかを確認してもらいましょう。

ワイヤーを使わない矯正治療

マウスピース

歯列矯正といえば、スタンダードな治療としては、歯の表面にワイヤーやブラケットなどの装置をつけて歯を動かす表側矯正がよく知られています。早く歯が動くのがメリットですが、装置が目立つことや歯の動きが大きいこともあり、痛みを感じやすいなどの欠点もあります。東京でも、こうした治療は多く選ばれていますが、インビザラインはワイヤーやブラケットを使わないのが特徴的です。東京でも人気が高まるインビザラインは柔らかいプラスチックのマウスピースを装着して歯を動かす治療です。装置は透明なので目立つ心配もありません。歯の動く距離も少ないので、歯の移動による痛みも少なく、口腔内を傷つけにくいのも特徴的です。